Winner’s Gear: Jadson Andre’s gear at Oi Hang Loose Pro Contest

World Surf League[ワールド・サーフ・リーグ](WSL)、Qualifying Series[クォリファイング・シリーズ](QS) 6,000。
ブラジルの楽園Fernando de Noronha[フェルナンド・デ・ノローニャ]で開催された『Oi Hang Loose Pro Contest[オイ・ハング・ルース・プロ・コンテスト]』
今季最初のハイグレード・イベントにはCT入りを目指す選手が世界中から集まるほか、2xチャンプGabriel Medina[ガブリエル・メディナ]をはじめItalo Ferreira[イタロ・フェレイラ]、Yago Dora[ヤゴ・ドラ]等、CT開幕を控えたブラジル勢が多数参戦することで地元ブラジルはもとより世界配信も大きく盛り上がりました。

そして、このイベントで見事勝利したのは、今季CTに返り咲きのJadson Andre[ジャドソン・アンドレ](28/ブラジル)。シーズン開幕を前に、まずはQSランクトップという好スタートを切りました。

Jadson Andre©️WSL/📷DANIEL SMORIGO

🏆Winner’s Gear: Jadson Andre’s gear at Oi Hang Loose Pro Contest

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ricardo Martinsさん(@rmricardomartins)がシェアした投稿

Surfboards:
“J5(number 5)”

Ricardo Martins[リカルド・マーティンズ]

Shaped by Ricardo Martins[リカルド・マーティンズ],Nuno Matta[ヌーノ・マッタ]

 

使用するサーフボードは、ブラジルを代表するのシェイパーRicardo MartinとMatta
SurfboardsのNuno Matta[ヌーノ・マッタ]が共同開発を行ったJadson Andreのシグネチャーモデル
“J5(number 5)”

Jadson Andreの背番号”5″に因んだモデル名がつけられ、RM、Mattaの2ブランドに同モデルが存在します

 

Jadson Andreの直感的なサーフスタイルに対応したプロ・ハイパフォーマンスモデルですが、それをベースとして同様のスタイルを目指す様々なレベルのサーファーに対応した幅広いディメンションの展開・発注が可能とされ、サイズ(ボリューム)をはじめ、ロッカーやレール、テール形状、そして素材・テクノロジーに到るまで多くの提案がされています。

 


Fins:
“AM2 Tech Flex
Futures.[フューチャーズ]

セッティングされたフィンは、レジェンドシェイパー、アル・メリックによるオリジナルデザイン“AM2”。優れた加速性、細いティップは波のトップセクションでクイックなターンレスポンスを可能に。futures.のベストセラーRTM SOFT FLEXをさらに進化させたRTM TECH FLEXを採用。計算されつくしたカーボンのカットラインとハニカムのバランスは、フィンのセンター部分に適度なしなりを与え、伸びのあるターンを実現する。

 


Traction Pad & Leash:
“Flash model Traction”
Bully’s[ブリーズ]

トラクションパッドおよびリーシュなどのマテリアルは、ブラジル・サンパウロへ本拠地を移し、メイド・イン・ブラジルのサーフアクセサリーとして進化を続けるブランドBully’s。最終日のボードには“Flash model Traction”が装着されています。

 


Wetsuits & Apparel:
Buell Surf[ビュエルサーフ]

ウェットスーツは、カリフォルニア・サンタクルーズ発のサーフブランドBuell Surf[ビュエルサーフ]。今季より日本での展開が開始され、今注目すべきサーフブランドの一つです。*ちなみに最終日に着用していたボードショーツはHurleyのものですね。

 

そのほか、アイウェア・ブランドOticalli、エナジードリンクInfinity、飲料メーカーdoreなど、スポンサー契約を行っています。