スポンサーリンク

Winner’s Gear: John john Florence’s gear at Billabong Pipe Masters presented by Hydro Flask

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型コロナウイルスによるパンデミックで2020シーズンのイベントをすべてキャンセルとしたWorld Surf League (WSL)。未だ収束とは程遠い状況ですが、7月に発表された2021シーズンのスケジュールと新フォーマットのもといくつかのカウントダウンイベントを経ていよいよツアーをスタートしました。今季Men’s Championship Tourの開幕イベントとなったのが『Billabong Pipe Masters presented by Hydro Flask(ビラボン・パイプ・マスターズ プレゼンテッド・バイ・ハイドロ・フラスク)』その舞台はもちろんハイシーズンのハワイ ノース・ショア『バンザイ・パイプライン』です。

しかし、イベント初日を消化した時点で事態は急転。WSLのCEO Erik Logan(エリック・ローガン)を含むスタッフ内に新型コロナウイルスの陽性が認められ、出場者及び全関係者の安全確保を重視し、トライアル2戦と本戦初日の日程を終えた時点でイベントを休止する事態となります。更にWomen’sの開幕戦『Maui Pro』も会場で起こったシャークアタックによりイベント休止に、その結果約10日の期間をはさんだ現地17日にMen’sを再開。Women’sの会場をパイプラインへ変更し最終日を合わせるかたちでの進行となりまりました。

そして、ウェイティング・ピリオド最終日となる現地20日、見事開幕戦を制したのは地元ハワイの2xワールドチャンピオンJohn john Florence(ジョン・ジョン・フローレンス)

Two-time WSL Champion John John Florence of Hawaii is the winner of the Billabong Pipe Masters Presented by Hyro Flask

Photo by Brent Bielmann/World Surf League via Getty Images

John john Florenceは、地元ハワイでの開幕戦勝利について「まず、この勝利を自分の人生において常にインスピレーションを与えてくれたパイプラインのレジェンドDerek Hoに捧げたい。そしてアンディやケリーがパイプラインで世界タイトルを争う姿を見て育った自分が、こうしてヒーローやサーファーとスポーツで駆り立て合い、Gabeとのファイナルに勝利することができた。これ以上のことはイメージできない。そしてそれを達成するために尽力してくれているチーム、親友、良きライバル関係でもある兄弟、そして浮き沈みを共に乗り越え支えとなってくれた妻に感謝したい」と語っています。

Two-time WSL Champion John John Florence of Hawaii is the winner of the Billabong Pipe Masters Presented by Hyro Flask

Photo by Tony Heff/World Surf League via Getty Images

CHECK! それでは、Pipe MastersチャンピオンJohn john Florenceの愛用ギアをチェックしていきます。

🏆 Winner’s Gear: John john Florence‘s gear at Billabong Pipe Masters

☑︎ Surfboards:サーフボード
“Ghost”|Pyzel SurfboardsShaped by Jon Pyzel

サーフボードは、John John Florenceがサーフィンをはじめた3歳の頃から、2Xワールドチャンプ、そしてメインライダーを務めるまでになった現在まで、タッグを組みサポートし続けるJon Pyzel(ジョン・パイゼル)によるPyzel Surfboards(パイゼル・サーフボード)。 中でも、この“Ghost”は、John John Florenceもこれまで多くのタイトルを獲得した実績を持つ、お気に入りのモデル。プロやエキスパートはもちろんのこと、一般サーファーにも扱いやすいハイパフォーマンスモデルで、パワフルなリーフブレイクから掘れたダンパー気味のビーチ・ブレイクまでを適性としてその性能を発揮。最高の波を求めるサーフトリップに最適で、これ1本でトリップを完璧に楽しめるというモデルです。


☑︎ Fins:フィン
“John John Florence Techflex”|Futures.

ウィニングボード装着のフィンは2014年にFutures.(フューチャーズ)から最初にリリースされた自身のシグネチャーモデルのTechflexを使用していました。現行モデルでは進化したマテリアルのTechflex 2.0モデルがリリースされていますが、ポイントやコンディションによって今でもこの旧モデルを使用しているのをよく目にします。当時の動画を見ると分かりますが本人がハンドペイントでデザインしたフィンです。*現行モデルではないので新品入手は難しいですが、2017年にアップデートされたTechflex 2.0を採用した現行モデルはさらに軽量化されています。

Futures | JOHN JOHN FLORENCE Signature Techflex

☑︎ Traction Pad:デッキパッド
“John John Florence Signature Pad” |Dakine

トラクションパッド、リーシュ等のサーフアクセサリーはハワイで誕生した老舗ブランドDakine(ダカイン)。殆どの製品に『JJF』の名の付くシグネチャーモデルが展開され、パッドは、キック形状など重要な部分を自ら手作業で削り出したデザインをもとに生産。5ピース構成に『トリプルカット・ポジトラクション』と呼ばれる多方向対応のグリップパターンを採用。7mmのセンターアーチとキック部分にドレインホールを入れることで、それぞれ軽量化と水抜きの役割を果たします。Dakine Friendly Foam(生分解性EVAフォーム)が使用され、また、プラスチックを使わないリサイクルダンボールパッケージなど、環境にも配慮がなされています。

The John John Collection

☑︎ Leash:リーシュコード
Kaimana Leash” |Dakine

リーシュコードも同じくDakineの最新機能リーシュ“Kaimana Leash”を使用。市場で最も高強度と言われるリーシュエンド『Infinite Flex 360°』、コードにはゴルフボールのディンプルのような『スピードポケット』が施され、水中でより少ない抵抗力を実現。湾曲したカットを採用することで可動性を向上した『ゼロディストラクションリーシュカフ』は、身に着けていることを忘れさせる程のノンストレスなフィット感。


☑︎ Wetsuits&Apparel:ウェットスーツ&アパレル
“Prototype boardshort” |Florence Marine X

ウェットスーツ&ウェアは自身が手掛ける新ブランドFlorence Marine X(フローレンス・マリーン・エックス)。所属していたHurley(ハーレー)が親会社Nike(ナイキ)の傘下を外れるタイミングでJohn John FlorenceやRob Machado(ロブ・マチャド)らブランドを代表してきたライダーが契約を解消したことで、以降の去就が注目されました。Patagonia(パタゴニア)やO’neill(オニール)への加入との噂もありましたが、今年8月新たにクロージング・カンパニーを立ち上げ、Florence Marine Xをスタートすることを発表。単にサーフブランドとしてだけではなくヨットレース・セーリングやスケート、そして自然環境および海洋環境に関する活動に積極的に取り組むJohn John Florenceの新たな挑戦となります。2021年シーズンから本格的な展開がはじまる予定。運営はHurleyの創設者Bob Hurley(ボブ・ハーレー)がHurleyを離れ新たに立ち上げたKandui Holdings LLC(カンドゥイ・ホールディングス)とのパートナーシップによるものだそうです。


☑︎ Watch:サーフ・ウォッチ 
“The Comp”|Nixon

サーフ・ウォッチはリーディングブランドのひとつNixon(ニクソン)John John Florenceがサーフ及びコンテントシーンにマッチした機能性とデザインを共同で開発した薄型軽量モデル“The Comp”。2017年にはこのThe Compを含むタイドグラフ機能を搭載した主要4モデルとのコラボレーションで「John John Florence Signature Series」をリリースしていますが、今大会で着用しているのは新色モデルのようなので、来シーズンにはまた新たにシグネチャーモデルがリリースされるのかもしれません。

 


☑︎ Other Sponsors
Electric|YETI|Stance|Clif Bar|Whoop

そのほか、アイウエアブランドElectric(エレクトリック)、高性能+アーティスティックなソックスブランドとして人気のStance(スタンス)、北米やハワイをはじめとするのアスリートやアウトドア愛好家たちに愛されるClif Bar(クリフ・バー)、スマートフォンなどのデバイスと連携し心拍数やリカバリー、睡眠といったアクティビティ、フィジカルデータを管理するリストバンド型のウェアブルガジェットWhoop(ウープ)、プレミアムクーラーボックスで有名なアウトドア・アクセサリーブランドYETI(イエティ)とのスポンサー契約をしています。