スポンサーリンク

サーファー心をくすぐる! 特別なバレンタイン 手作りチョコレート&ギフトのおすすめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハッピーバレンタイン。

世の男性がソワソワしだす季節になりましたね?

でも、ひと昔とは違って、今は「女性が本命の男性に」という単純に決まった行事ではなくなって、また「義理」って定義もどうやら過去のものとは違うらしいですよ? バレンタイン。

それでも、やっぱり大切な人に喜んでもらうために試行錯誤するのが醍醐味であったり、
職場の男性陣を「ほっ」っとさせるのも大事だったり?
とは言え、昔ながらの一大イベントだったり?

そこでLay-Dayより、年齢・性別・義理・本命問わず、相手がサーファーなら、
驚き、喜ぶ顔が目に浮かんじゃう! 手作りチョコのアイデアをご提案。
あと、オススメギフトも少々。

材料はほぼダイソーで揃えましたよ。ちょうど子供の冬休みの課題があったので、写真パシャパシャ取りながら作っていただきます。


中央にある“SEX WAX”というのが、サーフィンの必需品サーフワックス(滑り止め)です。今回、こちらを模した手作りチョコを作ります。バレンタイン用「Happy」のラベルも作成しました。

贈るお相手はサーファーだけど、自分はサーフィンしません🙅🏼‍♀️と言う方の為にちょっとご説明を。

ご紹介するのは、サーファーの必需品“サーフワックス”です。

これ、何かと申しますとサーフボードの上に固定器具無しで立ち上がり、波の上を滑るスポーツ、サーフィンには欠かせない滑り止めを固形化したのもです。

その中でも世界で最もメジャーなブランドである Sex Wax[セックスワックス]
この名称は決して下ネタではなく… いや、改めてよく考えたら、ど下ネタなんですが…
そんな細かい事を超越するくらい本当にポピュラーなブランドです。

(湘南では(他の地域もそうですかね?)海沿いのコンビニで普通に1年中レジ前に置いてあったりします。)

私もサーフィンを始めて25年余りになりますが、今回の機会で「よく考えたらこの名前すごいよな…」と、はじめて思ったくらいでして…、

世界中のキッズサーファーから年配サーファーまで、当たり前のように毎日目にしているので、これを読んでいるサーファーの中には、今回の私のように、サーフィンをしない人が家や車に堂々といくつも転がっている、この“SEX WAX”と書いてある固形物のことをどう思われていたか? なんて考えた事もなくてちょっと「えっ…」ってなっているのでは

*宿題用の写真を撮ってて「これ、提出して大丈夫か?」となりまして…、学校用にそっと箱を裏返したのが下の画です。。

白いのが本物のSex Waxです。この型でホワイトチョコレートを作るのですが、100%チョコレートだと流石にオモタいと…、子供たちの案でナッツ類やシリアル、フルーツグラノーラなどを混ぜてサクサクのワックスに仕上げていきます。
サーフワックスには、季節に応じて適性の硬さが設定されていまして、真夏でも溶けにくい硬めの「Tropic」から柔らかい冬用の「Cool」「Cold」などがあります。先述の通りワックスはサーフィンで必需品なので、この箱を再利用してラッピングして、本物とセットで贈るのもアリかな?と思います! が、サーフワックスにはココナッツなどの割と強めの香りが付けられているので、箱にも匂いが移っている場合があるのでご注意を。

ここでは、代表的なブランドSex Waxを使用していますが、サーフワックスにはいくつかブランドあり、四角いものや、真ん中が凹んでいるものなど形状も様々。贈る相手が何のWaxを愛用しているかがわかるのであれば、それに合わせたら完璧ですね! 因みにWaxは1つ300円程度〜です。

実際の作り方は、いわゆる一般的な手作りチョコと同じだと思うので、

僕なんかより皆さんよくご存知でアイデアもあるかと思いますが、

ウチの小学生テクニックは、ホワイトチョコレートを溶けやすいように細かく砕いて、
60°程度に温めた湯煎にボールを浮かべてその中で溶かし、

ダイソーで見つけた丁度良いサイズ感の紙カップに流して固めるといった感じです。

今回クランチチョコのように、ナッツやグラノーラを層にして重ねたので、
1層毎に数分冷蔵庫で冷やし、固めてからまたチョコレートとナッツ、という具合で繰り返します。

カップは普通の紙コップを同じような素材だと思います。「固まったあと取れるの?」と思いましたが、ツルツルした素材なのと、紙なので裏返して底を軽くペコっと押しただけで簡単に取れましたよ。

今回のクランチ風であれば、70gの板チョコ4つ分でワックス6個できました! カップも使い回しが可能でした。

宿題の「サーフワックス型 チョコレート作りにチャレンジ」も無事仕上がり、
出来上がったワックスは、すぐに食べてなくなりました。

ついでにラッピング風にもしてみました。

いかがだったでしょうか? これ、本当にサーファーなら「おおー!」とちょっと感動するヤツです。
即インスタにポストしちゃうヤツですね〜。

個人的には、完全に間違うくらいそっくりのチョコをワックスの箱に入れて贈るってのが、かなり「いいね!」

なのですが、「義理にはCool」本命には「Warm」or「Tropic」など…笑?

是非、いろいろアレンジしていただけたら嬉しいです。

あと、今回作成した『Happy Valentine’s Day 2020』ワックスラベル(*最上分の画像参照)ですが、もし使っていただけるなら、A4でのプリントでSex Waxのラベルとほぼ同サイズに印刷できるデータをアップしておきますので、よろしければどうぞ🤙
ラベルデータダウンロードはこちら(PDF:1.7Mb)

 


🎁サーファーへ贈るバレンタインギフトのおすすめ
サーファーへのプレゼントは、コンセプトをサーフィン及びサーフィン用具で絞ると、なかなか難しいですね。
当サイトがお勧めするのは、サーファーにはお馴染みでありながら、普段使いが出来る。
プラスちょっとこだわりのある贈り物をチョイスしてみました。是非参考にしてください。
Stance[スタンス]のソックス:サーフィン、スケート、スノーといったエクストリームスポーツ界をはじめ、幅広いジャンルで今注目されるソックス、アンダーウェアブランドStanceの靴下はサーファーへの贈り物にぴったりです。中でも当サイトのプッシュは、スケーター、サーファー、そしてアーティストとして活躍するMark Oblow[マーク・オブロー]のコレクション。
レディースやキッズラインの展開や、ボクサートランクスなどのアンダーウェアも展開されています。
Apothia[アポーシア]のディフューザー:「California Style of Life」を提唱するLA発のセレクトショップRon Herman[ロンハーマン]での展開で知られるApothiaは、まさにロンハーマンの香り。店内に漂うあの香りを自宅や車にセット出来るディフューザーは贈り物にぴったりですね、中でも「IF」はApothiaファンのL.A.セレブリティがNo.1に選んだベストセラーです。