WSL:Championship Tour Class of 2020

ハワイのCarissa Moore[カリッサ・ムーア]が4度目、そしてブラジルのItalo Ferriera[イタロ・フェレイラ]が初となるワールドチャンピオンに輝き幕を下ろしたWorld Surf League(WSL) Championship Tour (CT) 2019年シーズン。

WSLは全てのイベントが終了し、来たる2020年シーズンのCT選手を正式に発表。

CT Men’sクラスは、2019年度CTランキング(Jeepリーダーボード)のトップから22選手、 2019年度 Qualifying Series (QS)のトップから10選手、そしてWSL選出のワイルドカード2選手で編制。

2019 Top 22 CT:
  1. Italo Ferreira (🇧🇷BRA)
  2. Gabriel Medina[ガブリエル・メディナ] (🇧🇷BRA)
  3. Jordy Smith[ジョーディ・スミス] (🇿🇦ZAF)
  4. Filipe Toledo [フィリペ・トレド](🇧🇷BRA)
  5. Kolohe Andino[コロへ・アンディーノ] (🇺🇸USA)
  6. Kanoa Igarashi[五十嵐 カノア] (🇯🇵JPN)
  7. John John Florence[ジョン・ジョン・フローレンス] ( HAW)
  8. Kelly Slater[ケリー・スレーター] (🇺🇸USA)
  9. Owen Wright[オーウェン・ライト](🇦🇺AUS)
  10. Jeremy Flores[ジェレミー・フローレス] (🇫🇷FRA)
  11. Julian Wilson[ジュリアン・ウィルソン] (🇦🇺AUS)
  12. Seth Moniz[セス・モニーツ]( HAW)
  13. Michel Bourez[ミシェル・ボレーズ]  (🇫🇷FRA)
  14. Ryan Callinan[ライアン・カリナン] (🇦🇺AUS)
  15. Jack Freestone[ジャック・フリーストーン] (🇦🇺AUS)
  16. Griffin Colapinto[グリフィン・コラピント] (🇺🇸USA)
  17. Caio Ibelli[カイオ・イベリ] (🇧🇷BRA)
  18. Wade Carmichael[ウェイド・カーマイケル]  (🇦🇺AUS)
  19. Adrian Buchan[エイドリアン・バカン](🇦🇺AUS)
  20. Conner Coffin[コナー・コフィン]  (🇺🇸USA)
  21. Peterson Crisanto[ピーターソンクリサント] (🇧🇷BRA)
  22. Yago Dora[ヤゴ・ドラ] (🇧🇷BRA)
2019 Top 10 QS (CTダブルクオリファイング選手を除く):
  1. Frederico Morais[フレデリコ・モライス](🇵🇹PRT)
  2. Jadson Andre[ジャドソン・アンドレ] (🇧🇷BRA)
  3. Matthew McGillivray[マシュー・マクギリブレイ] (🇿🇦ZAF)
  4. Jack Robinson[ジャック・ロビンソン] (🇦🇺AUS)
  5. Alex Ribeiro[アレックス・リベイロ] (🇧🇷BRA)
  6. Miguel Pupo[ミゲル・プポ] (🇧🇷BRA)
  7. Ethan Ewing[イーサン・ユーイング] (🇦🇺AUS)
  8. Connor O’Leary[コナー・オリアリー]  (🇦🇺AUS)
  9. Deivid Silva[デイヴィッド・シルヴァ] (🇧🇷BRA)
  10. Morgan Cibilic[モーガン・シビリック] (🇦🇺AUS)
WSL Wildcards:
  • Adriano de Souza[アドリアーノ・デ・ソウザ] (🇧🇷BRA)
  • TBD: Leonardo Fioravanti[レオナルド・フィオラヴァンティ] (🇮🇹ITA) / Mikey Wright[マイキー・ライト] (🇦🇺AUS)

CT、QS共に2019もブラジル勢の活躍は凄まじいものがありました。そのほか昨季怪我に泣いたポルトガルのナイスガイFrederico Moraisが自力でCTに復帰、CTルーキーとなる、南アフリカ Matthew McGillivray、オーストラリア Jack Robinsonは若手ながらビッグウェイブも得意とする注目株です。


続いて、Women’sクラスはCTトップ10選手、QSから昇格する6選手、ワイルドカード1枠の計17名で編制。
2019 Top 22 CT:
  1. *Carissa Moore( HAW)
  2. Caroline Marks[キャロリン・マークス]  (🇺🇸USA)
  3. Lakey Peterson[レイキー・ピーターソン]  (🇺🇸USA)
  4. Stephanie Gilmore[ステファニー・ギルモア] (🇦🇺AUS)
  5. Sally Fitzgibbons[サリー・フィッツギボンズ] (🇦🇺AUS)
  6. Tatiana Weston-Webb[タティアナ・ウェストン・ウェブ] (🇧🇷BRA)
  7. Courtney Conlogue[コートニー・コンローグ]  (🇺🇸USA)
  8. Johanne Defay[ジョアン・デフェイ] (🇫🇷FRA)
  9. Malia Manuel[マリア・マニュエル]  ( HAW)
  10. Nikki Van Dijk[ニッキ・ヴァン・ダイク](🇦🇺AUS)
*Carissa Mooreが2020シーズンの休場を発表したため、CTランキングにおいてBrisa Hennessy[ブリサ・ヘネシー]が繰り上げ昇格。
2019 Top 6 QS (CTダブルクオリファイング選手を除く):
  1. Isabella Nichols[イザベラ・ニコルズ] (🇦🇺AUS)
  2. Bronte Macaulay[ブロンテマコーレー] (🇦🇺AUS)
  3. Sage Erickson[セージ・エリクソン] (🇺🇸USA)
  4. *Brisa Hennessy (🇨🇷CRI)
  5. Macy Callaghan[メイシー・キャラハン] (🇦🇺AUS)
  6. Keely Andrew[キーリー・アンドリュー]  (🇦🇺AUS)

*Brisa Hennessyが繰り上げでCTダブルクオリファイングがされたため、QSランキングにおいてAmuro Tsuzuki[都筑 有夢路] (🇯🇵JPN)が日本人女子初のCTクオリファイングが決定

 

2019シーズンは『一宮 千葉オープン』で勝利し、さらにQS10,000『ABANCA Galicia Classic Surf Pro』優勝の快挙を果たした都筑 有夢路プロ。QSランキングでは惜しくも1つ及ばなかったが、Carissa Mooreの休場によりCT昇格が決まった。

©︎WSL / 📷KAWANA

WSL Wildcards:
  • Tyler Wright[タイラー・ライト] (🇦🇺AUS)

ワールドタイトルを持つTyler Wrightが2020ワイルドカードで復帰するほか、Sage EricksonがUSオープンの勝利で返り咲き。QS1位のIsabella Nicholsは、若手ながらその活躍・実績共にまさに「満を持しての昇格」という感じです。CT 2位まで登りつめたCaroline Marksに続く若手下克上に日本の18歳 都筑 有夢路プロも挑みます。

 

2020年のチャンピオンシップ・ツアーは、3月26日のゴールドコーストで開幕、12月のパイプマスターズまで世界各国を転戦します。

 


 

また、WSLのランキングに則り、ISAおよびIOCの資格要件を満たした選手は、それぞれのナショナルチームの選出により18名の代表選手が発表されています。

各国の代表選手は下記の通り(*2019年12月28日現在)

  • 🇺🇸USA – Carissa Moore, Caroline Marks, Kolohe Andino and John John Florence
  • 🇦🇺Australia – Stephanie Gilmore, Sally Fitzgibbons, Owen Wright and Julian Wilson
  • 🇧🇷Brasil – Tatiana Weston-Webb, Silvana Lima, Gabriel Medina and Italo Ferreira
  • 🇫🇷France – Johanne Defay, Jeremy Flores and Michel Bourez
  • 🇨🇷Costa Rica – Brisa Hennessy
  • 🇿🇦South Africa – Jordy Smith
  • 🇯🇵Japan – Kanoa Igarashi