Winner’s Gear: Alex Ribeiro’s gear at Burton Automotive Pro

World Surf League[ワールド・サーフ・リーグ](WSL)、Men’s Qualifying Series[クォリファイング・シリーズ]『Burton Automotive Pro[バートン・オートモービル・プロ]』がニューカッスル、ミアウェザー・ビーチで開催。オーストラリア・レッグ今季初のQS6,000イベントに世界中から注目の選手が多く参加しました。

優勝したのは、ブラジルのAlex Ribeiro[アレックス・リベイロ](29)。

Prize Giving at the Burton Automotive Pro
©️WSL / 📷THOMAS BENNETT

2020年CTへのアクセスサーキットにおいて今季2戦目となる大会で6,000ポイント獲得の好スタート、2016年シーズン以来となるCTへの復帰を狙います。

2位(写真左)は同じくブラジルのJadson Andre[ジャドソン・アンドレ]、すでにブラジルで6,000を1勝しており現在QSランクトップ。そして、すぐに次のQS6,000 “Vissla Sydney Surf Pro”が同じオーストラリアで開催となりますが、この大会のディフェンディングチャンピオンもブラジルのDeivid Silva[デイヴィッド・シルバ]。この3人のポイント争いにも注目です。

CHECK! それでは、Alex Ribeiro“Burton Automotive Pro”での使用ボードなど、愛用ギアをチェックしていきます。

🏆Winner’s Gear: Alex Ribeiro’s gear at Burton Automotive Pro

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alex Ribeiroさん(@alexribeiro89)がシェアした投稿

Surfboards:
“???”

Xanadu Surf Designs[ザナドゥ・サーフ・デザインズ]

Shaped by Xanadu[ザナドゥ]

 

今回の勝利ボードは、少し変わったケースですが、まずAlex Ribeiroがメインで使用(契約)するボードはMayhemこと、Matt Biolos[マット・バイオロス]によるLost Surfboards[ロスト・サーフボード]です。中でも“Driver”を多く愛用しており、今大会期間でも使用し、ヒート中ボードキャディがスタンバイを行ない、さらに表彰台へ持ち込んだのもこのボードです。

しかし、この大会のコンディションにAlex Ribeiroが選んだボードは、Lostではありませんでした。もちろん、契約上ロゴ部分は隠された感じになっており、モデル名までは不明ですが、おそらくXanaduで間違い無いと思います。そして、結果的にその選択が功を奏した格好になりました。Alex RibeiroXanaduのライダーをしていたのはCTルーキーとして転戦した2016年まで、正確には第2戦のベルズのあとLostと契約をしています。今大会で掴んだ6,000ptが来季CT昇格への足掛かりとなれば、より意味のある選択となりますね。


Fins:
“FCS II AM Performance Core
FCS[エフシーエス]

セッティングされたフィンは、レジェンドシェイパー、アル・メリックによるオリジナルデザイン“AM Performance Core”。掘れたセクション、力のあるビーチブレイクで、優れた加速性、クイックなターンレスポンスを可能にするベストセラー・モデル。現行モデルとは異なるデザインの過去モデル(オールブルー)を装着していますが、そこにも何か意味があるのかも知れません。


Traction Pad, Leash & Wax:
Sticky Bumps[スティッキーバンプス]

トラクションパッドおよびリーシュは、共にカリフォルニアのハンドメイド・サーフワックスカンパニー、Sticky Bumpsのサーフギア、アクセサリーを使用。もちろんワックスもSticky Bumps
。ただ、残念ながらAlex Ribeiroが使用しているモデルがわかりませんでした。
 


Wetsuits & Apparel:

Nosso lar Construtora[ノッソ・ラル・コンストラトーレ]
ウェア類は、マーキースポンサーでもあるブラジルの大手建設企業のNosso lar Construtoraのアスリート・サポートによる提供を受けているようです。