Winner’s Gear: David Van Zyl’s gear at Vans Pro

World Surf League (WSL) Men’s QS 第52戦。

ハワイ/タヒチ・ヌイ リージョンのQS3,000。ノースショア、サンセット・ビーチ開催の『Vans Pro pres. HIC[ヴァン・プロ・プレゼンテッド・バイ・エイチアイシー]』

ハイシーズンを迎えたオアフ島のノースショア。
後に控えるビッグイベント『Vans Triple Crown』のプライムイベントQS10,000の出場権利のかかった公式予選でもある本大会は、オープニングから10フィートを超える炸裂コンディション。その波を知り尽くしたビッグウェーバーによる圧巻のパフォーマンスとスピリッツがぶつかり合う、かなり見応えのあるコンテストでした。

チューブやマニューバーの凄さはもちろんですが、このサイズ(8〜10ft)と、この潮の厚さの波でフリーフォールするテイクオフや、強烈に跳ね返されるローラーコースターでの見事な着地は、見ていて手汗が吹き出ますね。

Vans Zyl turned the heat to his advantage after earning a combined total of 14.67.
©︎WSL / 📷Tony Heff

勝者は、本大会史上初の国外選手チャンピオンとなった南アフリカの David Van Zyl[デイヴィッド・ファン・ジール](26)。これまでハワイアンのほぼ独占と唯一アメリカのPatrick Gudauskas[パトリック・グダスカス]というアメリカ国内選手が勝利してきたコンテストで、地元ハワイ出身で今大会の優勝経験もあるEzekiel Lau[イズキール・ラウ]、ハワイ次世代サーファーの筆頭Barron Mamiya[バロン・マミヤ]、そして海外勢からはハワイを得意とし最も有力かと思われた今季CTルーキーのJack Robinson[ジャック・ロビンソン]をしっかり抑えての見事な勝利でした。

(同じ南アのCTルーキーMatthew McGillivray[マシュー・マクギリブレイ]はQFで対戦し下しています)

 

CHECK!では、そんな歴史的チャンピオンDavid Van Zyl『Vans Proでの使用ボード、愛用ギアをチェックしていきます。

🏆Winner’s Gear: David Van Zyl‘s gear at Vans Pro pres. HIC

Surfboards:

“Custom Shape?”
Tokoro Surfboards [トコロサーフボード]
Shaped by Wade Tokoro[ウェイド・トコロ]

 

使用ボードは、ノースショアを代表するレジェンドシェイパーTokoroシェイプモデル。モデルの詳細やディメンションは分からなたったためカスタムシェイプとしていますが、ピンテールのノースショアー用ビッグウェーブ・ガンを使用しています。

Tokoroシェイプのライダーには、ハワイのレジェンド Sunny Garcia[サニー・ガルシア]や、JOBことJamie O’Brien[ジェイミー・オブライエン]から、現在CTで活躍する若手サーファーSeth Moniz[セス・モニーツ]らが並び、日本では湘南を代表するサーフボードブランドRockdance[ロックダンス]のシェイパーとしても知られ、日本が誇るビックウェーブサーファー脇田貴之プロや、CT昇格が期待される稲葉玲王プロが長年に渡って愛用。
さらに、昨年はKelly Slater[ケリー・スレーター]が手掛けるサーフボードブランドSlater Designsとの契約も発表され、Kelly Slater本人がコンテストで使用するビッグウェイブ用ボードが披露され注目されています。

この投稿をInstagramで見る

 

〰Davey van Zyl〰(@daveyvanzyl)がシェアした投稿


Fins:
“Carver Performance Core
FCS[エフシーエス]

フィンは、FCSがパワフルなドライブターン、オープンフェースの波用にデザインしたモデル“Carver Performance Coreを装着。特にポイントブレークやリーフブレイクに適し、踏み込んだターンやパワフルなカービングコントロールの性能が高いモデル。

Traction Pad & Leash:
Davey Van Zyl Shaka Signature 2 Piece

Sea snake Leash

Island Style[アイランド・スタイル]

 

トラクションパッド、リーシュ等のサーフアクセサリーは南アフリカ有数の都市ダーバンを拠点とする総合サーフアクセサリーブランドIsland Style
オアフ島のサンセットビーチで暮らしていた創設者“Wazo”ことWarren Wareing[ウォーレン・ウェアリング]がハワイで体験し影響を受けたた伝統的なサーフィンのルーツ、そしてそれを取り巻く文化に忠実である会社を自ら立ち上げたいという思いから1981年にブランドを設立。

以降、現在もそのコンセプトや理念は揺らぐことなく、‘ALOHA’スピリットのもと最高品質の原材料を使用した優れた製品の開発と優れたサービスを市場に提供することを使命として掲げています。

使用するデッキパッド は自らのシグネチャーモデルの2ピース。マークとして使われるShakaは、Island Styleのもう一つのシンボルです。リーシュはその名の通りシースネーク(海蛇)を模したストライプカラーが特徴のデザイン。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Island Style(@islandstylesurf)がシェアした投稿


 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vans South Africa(@vans_za)がシェアした投稿

Wetsuits & Apparel:
Vans[ヴァンズ]

ウェットスーツを含むアパレル、サーフウェアは、本大会の冠スポンサーでもあるVans。
同じ南アフリカの雄、Michael February[マイケル・フェブラリー]とともにVans South Africaを代表するDavid Van Zyl
自身初のQS3,000優勝で、大会の歴史にも名を刻んだ事で、いよいよ残り1年を切った東京オリンピックの出場枠獲得にも絡んできますでしょうか?

 


Other Sponsors: