Winner’s Gear: Isabella Nichols’s gear at Port Stephens Toyota Pro

World Surf League (WSL) Women’s Qualifying Series(QS) 第36戦
オーストラリア/オセアニアリージョン最終戦となるQS 6,000『Port Stephens Toyota Pro[ポート・スティーブンス・トヨタ・プロ]』

NSW州の自然豊かなリゾート地、ポート・ステファンズ。壮大な湾と点在する美しいビーチにはイルカが定住し世界で最も野生のイルカに出会える場所としても有名です。大会の舞台はオーストラリア最大級の砂丘、ストックトン砂丘の端に位置するアンナ・ベイのバーウビ・ビーチ。

そして、この大会で、いろいろ決まります。

Isabella Nichols chaired to victory at Birubi Beach.©︎WSL / 📷ETHAN SMITH

ともあれまずは、今大会の勝者、そして2019 Women’s QSチャンピオンとなった地元オーストラリアのIsabella Nichols[イザベラ・ニコルズ](22)。意外にも今季初優勝となりますが、3度の準優勝を含む好成績で早々に昇格を決め、今季QSランキングトップを維持し、満を持しての2020 CTクオリファイイングです。

決勝では、今大会でファイナル以上がリクオリファイイングの絶対条件だった同じオーストラリアのCTルーキーMacy Callaghan[メイシー・キャラハン]を終盤逆転で破っての優勝。ここ数年CT選手とも対等に戦い好成績を積み重ねて来たIsabella Nichols、来季は1ランク上のコンディションとヒートで競われるCTを舞台にどのような活躍を見せるのか楽しみです。

終盤まで目を離せなかった今季のWomen’s QS。そして、この大会で、いろいろ決まりました。が、それはまた来季CTスケジュールと一緒に記事にしたいと思います。来季CTは3月後半『Corona Open Gold Coast』で開幕。また、来年はいよいよこのQS、CTのランキングも大きく関係する2020 東京オリンピックでサーフィン競技が初開催されます。もう楽しみしか無いですね。

それでは、チャンピオン Isabella Nicholsのサーフギアをチェックしていきます。

🏆Winner’s Gear: Isabella Nichols’s gear at Port Stephens Toyota Pro

Surfboards|サーフボード 
“DX1 PHASE 3”
DHD Surfboards by Darren Handley Designダレン・ハンドレー・デザイン・サーフボード

Shaped by Darren Handleyダレン・ハンドレー
サーフボードはDHD Surfboards Proシリーズの看板モデル“DX1”のアップデート版“DX1 PHASE 3”を使用。トッププロによるコンペシーンではもちろんのこと、広く一般に向けてさらに扱いやすいパフォーマンスモデルとして今季新たに登場したモデルです。

完成までに1年以上を費やした主なアップデートは、ノーズとスカッシュテールの幅を広めに変更しデッキボリュームを増したデザイン。それによるパフォーマンス性能の低下を防ぐため、テール(Exit)ロッカーを抑え、より直線的なレールアウトラインにする事で、十分なスピードとレールtoレールの駆動力、コントロール性能を発揮する。これによりタルめの波でもスピードと伸びのあるターンが実現可能。DX1フェーズ3は、コンテスト向けのサーフボートを探しているサーファーだけでなく、日常のサーフィンを次のレベルへの到達させたいサーファーにとって最善のサポートをするとリリースされています。
Isabella Nicholsのディメンションは、
DX1 PHASE 3 – 5’8 x 18 3/8 x 2 3/16
この投稿をInstagramで見る

The NEW DX1 PHASE 3. In-stores now. #PHASE3

DHD by Darren Handley(@dhdsurf)がシェアした投稿 –


Fins|フィン
“AM Performance Core(M)”
FCSエフシーエス

フィンブランド各社からリリースされるレジェンドシェイパー、アル・メリックによるベストセラーテンプレート“FCS2 AM Performance Core tri”
フィンの内側に凹みを加える事で水流効率を上げるインサイドフォイルデザインを採用し、スピードコントロールと回転性、ターン時のスピード維持に効果を発揮。さらに、小さめに設計されたセンターフィンがターンやトップアクションでのクイックリリースを可能にします。FCSのPC(Performance Core)のフレックスは、最も柔らかいSF(Soft Flex)と、最も硬いPG(Performance Glass)の中間に位置するオールラウンドマテリアル。
ドライブ性とマニューバー性に優れ、多くのプロサーファーが愛用するフィンです。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Isabella Nichols(@isabella_nichols)がシェアした投稿

Pad & Leash|デッキパッド & リーシュ  
“Julian Wilson Pad
“Comp Leash”
FCSエフシーエス
サーフアクセサリーは、世界中のマーケットでトップブランドとして君臨するFCSと契約。
トラクションパッドは、FCS Athlete Series TractionからJulian Wilson[ジュリアン・ウィルソン]のシグネチャー“Julian Wilson Traction”を愛用。
二重の凹凸が組まれたトラクションパターンと表面のグリップ強化加工、チャンネルで多方向のトラクションを発揮。さらにアーチバーとハイ・キックがライダーのパフォーマンスをサポートします。

 

リーシュコードも同じくFCSから、“Comp Leash”のホワイトをチョイス。高強度ウレタンコードを使用し、優れた強度と柔軟性、着け心地を実現。カフとレールセーバーの両方にダブルスイーベルを採用し、絡まりや空回りを防止します。
また、FCSの新技術・新素材により開発された“Freedom Leash”を使用する姿もよく見られるので、コンディションなどによって使い分けられているようです。


Wetsuits & Apparel|ウェットスーツ&アパレル
Billabong Womenビラボン・ウィメン
ウェットスーツ、サーフ・アパレルは、Billabong[ビラボン]のWomen’sラインBillabong Womenチームに所属。元CTサーファーで最近は世界中のビッグウェーブにチャレンジしているLaura Enever[ローラ・エネヴァー]や現役CT選手Macy Callaghan[メイシー・キャラハン]がメインアイコンとして活躍。次いでQSで活躍するIsabella Nichols、Pacha Light[パチャ・ライト]、日本の松田詩野[Shino Matsuda]プロと言った次世代ライダーも注目されています。

Other Sponsor|その他のスポンサー
Sun Bumサン・バム
キングKelly Slater[ケリー・スレーター]の出身地として知られる、アメリカ フロリダ州 ココアビーチで2010年に設立されたサンケアブランドSun Bum。高い耐水性と、『リーフセーフ』などの環境配慮がされた高品質のサンケア、ヘアケア、そしてリップケアなどの製品を扱う、ゴリラのマスコット”Sonny”がシンボルのブランドです。多くのシグネチャー製品はフロリダで生産され、1歳未満(6ヶ月以上推奨)から使用できるミネラルベースのライン『Baby Bum』は、サンケアの先進国オーストラリアで製造され、地球環境、動物、そして家族を大切にするコンセプトのもと、信頼を最も重要視しているブランドです。